田植えが終わったころ。


ふと香る、山椒の実。


DSC_1406

これは!!

DSC_1405

おいしそうな山椒!
採ってもいいよ、とのことで、少しいただきました。
DSC_1402
通りすがりの隠居さんと、
いい香りだね、
どうやって調理するのかな、などなど話しながら、

DSC_1401
 ポン。



 

なんだか、ころころしていて、かわいい。
そんなこんなで、青くて若い実で、
実山椒のつくだ煮を作ってみました。


1、実と枝を分ける
DSC_1438
まずは実を、手でつみとります。

実に細い軸が残っていても、さほど食感には変わりないとのことで、
ズボラかなこには、嬉しい作業!
 DSC_1439
こんなかんじ。


2、煮る
DSC_1440
たっぷりのお湯で、柔らかくつぶれるまで煮ます。

レシピだと約5分とありましたが、私はちょっと長めになりました…。


3、水にさらす
DSC_1441
すぐに冷水にとったあとは、1時間〜半日、水をとりかえつつ冷まします。
これで、苦みやしびれるような味が少しは和らぐようです。 


4、調味料と煮る
DSC_1443

ざるにあげ、またひたひたの水を入れます。
今回、

実山椒100g
水1カップ
しょうゆ80g
酒80g
みりん60g

で煮ました。 
でも、様子みながら調整してくださいね。

それで完成しました!
DSC_1445
佃煮!!


ウェルカム!ごはんのOTOMO!!

DSC_1444

初夏の香りが鼻を通り、とてもさわやかです。 



ごはんには最高ですね!
ぜひお試しください(^^)