まだまだ夜はおそろしいほど寒いですね。



いつからでしょうか。



娘が、夜に、旅をするようになりました。

ねぞう


朝起きたら、いつも遠くでうつぶせで寝ています。



這ってでも、行きたい場所へ行っていたのか。
夢は自由で、夜はどこまでも自由なんだな。


母ちゃんは、「うつぶせ」というのがとても心配で、
発見するたびにまず、
息をしているのか確認をします。


奔放な体は、夜、解放されるのだ、と気付く日々です。