移住女子ファーマーの、山のくらしごと手帖【きぼうしゅうらく】

2011年2月、大学を卒業後、新潟県十日町市の山あいにある小さなむら、池谷集落に移住・就農しました。限界集落と言われていたそのむらは、夢を語るきぼうしゅうらくでした。土に向かうことを通して、生き方や文化を教えてくれた地域を未来につないでゆきたい。夢は、この山地でしあわせなおばあちゃんになることです。現在1歳の娘がいます。

学生時代、集落に通い始めた頃から移住5年までの2009年〜2015年のブログはこちら→http://ameblo.jp/kibousyuraku/

これからの暮らしを考えるウェブメディア「灯台もと暮らし」にて始まった、移住女子特集。第2回目は、全国移住女子サミットでご一緒した、宮城県石巻市の島本幸奈さんと、私、佐藤可奈子です。対談テーマは「衣食住の中でも目に見えないものを大切にしたい」です。http://mo ...

先月、東京は新丸の内ビルで行われた、「日本海スタイルカフェ」に、登壇させていただきました。日本海側7県が、日替わりで魅力発信をするという、とても新しい切り口のイベント。新潟が雪国や北陸でくくられて、発信することはあれど、「日本海」の県たち、という言葉でく ...

この度、「これからの地域を考えるウェブメディア 灯台もと暮らし」にて、移住女子特集がスタートしました!http://motokurashi.com/feature-ijyu-joshi/20160729「私の地域の未来をつくり、繋いでいく。」というタイトルで、毎週1〜2本ずつ、8月いっぱい公開されます! ...

これからの暮らしを考えるウェブメディア「灯台もと暮らし」にて始まった、移住女子特集。第一回目は、長野県栄村で、移住女子結成当初から一緒に活動している渡邉加奈子さんと、全国移住女子サミットでご一緒した、福岡県糸島の畠山千春さんです。対談テーマは「移住女子の ...

右から左へ、右から左へ、草をないでいると、ぱたぱたと、触るように雨が肩を叩いてきた。そういえば、予報では午前中は雨となっていた。空が明るかったので、「ちょっとくらい、大丈夫かな」と思い、軽トラを走らせ、草刈り機のエンジンをかけた。 草刈り機の轟音のなかで ...

先日、憧れの方に池谷をご案内しました。雑誌「自遊人」の編集長、そして南魚沼の旅館「里山十帖」も経営されているクリエイティブディレクターの岩佐さんです。まだ大学生のころ、東京にいながら池谷集落に通っていたころ、2009年の「情熱大陸」を観たのを今でも覚えて ...

先日、農村地域生活アドバイーザー連絡協議会の研修会にお声をかけていただきました。農村地域生活アドバイザーとは、農業経営、地域活動の活性化に携わる、県から認定された女性農家さんたちの会で、農村女性の後押しや活性化を目的とします。 3、4年前でしょ ...

↑このページのトップヘ