移住女子ファーマーの、山のくらしごと手帖【きぼうしゅうらく】

2011年2月、大学を卒業後、新潟県十日町市の山あいにある小さなむら、池谷集落に移住・就農しました。限界集落と言われていたそのむらは、夢を語るきぼうしゅうらくでした。土に向かうことを通して、生き方や文化を教えてくれた地域を未来につないでゆきたい。夢は、この山地でしあわせなおばあちゃんになることです。現在1歳の娘がいます。

学生時代、集落に通い始めた頃から移住5年までの2009年〜2015年のブログはこちら→http://ameblo.jp/kibousyuraku/

昨日は農業委員会の総会の後に、地域振興局農業振興部の皆様との意見交換会と、念願の!新潟のお米・晩生新品種「新之助」の試食会がありました!!7年の研究開発を経て、再来年(H29年)のデビューに向けて、準備も進んでいるようです。今年初めて県内で試験栽培され、試 ...

先日、用があって橋場さんに会いに行ったら漬け菜を収穫していました。「おお、まぁ中に入ってお茶でものんでかねぇかい」入ると、薄暗い家のなかにひときわ輝く黄金の姿。べにはるかの干し芋だ!!!!!!べにはるかを干し芋にしたい、干し芋は加工所施設などのコストがか ...

11月1日の十日町市の市制10周年記念式典の第二部で、十日町・津南若手ファーマーズちゃーはんが出演させていただいたのですが、そのときに流した動画を少し手直ししてyoutubeにもアップしました!ナレーションは、私が農業研修でもお世話になり、そしてちゃーはんの最高齢メ ...

中越大震災から11年目の10月23日、長岡市川口地区の「里山ハウス」にて、新潟県知事である泉田知事と移住女子&インターンで懇談会がありました。知事とは移住女子のフリーペーパーを発刊した際にラジオでご一緒したのですが、そのときは結婚する前だったので旧姓で覚 ...

娘がいとおしすぎて、いとおしい瞬間をお伝えするシリーズ(自己満)。第3弾です。赤ちゃんながら、いつもの佐藤家という温室ハウスとは違った、ただならぬ雰囲気を感じ取るのでしょうか。そうだよ、これが下界だよ。人はこれを「社会の荒波」とも言うし、「すばらしき世界 ...

久しぶりに田んぼに行った。最後に行ったのは、臨月前の8月のあたまだろうか。心弾ませて、自分の田んぼへ向かって農道をゆく。雨が多くなり、農道はしっとりとしていた。ただいま。山は色づき、水の残った田んぼには秋の青空が映し出されていた。畦は少し足が沈むほど柔ら ...

娘がいとしくていとしくてたまらない気持ちシリーズ第2弾です!髪がもう少し生えると、それっぽくなるのだろうか…。女の子ということで恐ろしいほどクローゼットはオールピンク。早く似合う日が来てほしいです。着せられてる君もまた一段とかわいいよ♡母には2つ武器があ ...

↑このページのトップヘ